二階のお風呂はどう?

0
    最近は、間取りにもいろいろと変化が出ているようですね?

    以前は、一階部分に、リビング、キッチン、風呂、トイレ、などの共有スペースで、二階部分に子供部屋などの間取りが多かったかと思います。


    最近では、間取りはかなり自由に設計できるようになってますよね?

    家自体の躯体の強度も上がってきているのでしょう。リビングが二階というばかりではなく、お風呂まで二階という家も珍しくありません。


    ちなみに我が家のお風呂は二階です。

    と言うのも、我が家は、収益ホームの形を取ってまして、必然的に、一階部分は賃貸スペースなのです。

    ですから、自宅部分はすべて二階になってます。


    風呂も、トイレも、キッチンも、すべて二階以上です。


    全てが二階以上なので、導線的には何も問題がないのですが、唯一問題があるとするならば、給湯システムです。


    我が家はエコキュートを使用してますが、エコキュート云々にかかわらず、二階に風呂や、洗面、キッチンなど、お湯を使うシステムがある場合、どうしても、給湯システムから蛇口までの配管が長くなってしまい、熱の無駄が生じてしまいます。


    冬の朝など、早くお湯が使いたいときに、お湯を出してもなかなかあったかくなりません。

    じれったいです。

    夜、お風呂に入っていても、一度シャワーを使って体を流しても、湯船に浸かって、またシャワーを出すと、もう水です。

    なかなかお湯になりません。


    これは些細な時間ですが、生活の中で積み重なると、結構なストレスになるかもしれません。


    また、外配管にしない以上、どうしてもその配管は家の壁の中を通りますので、万が一、水漏れなどが起きた時、修理も大変でしょう。

    もちろん、パイプスペースも必要になりますので、場合によっては、一階部分の天井が、部分的に低くなったりします。


    特にこだわりや、必要性がないのなら、やっぱり水周りは、一階に収めた方がいいかもしれませんね。

    しかも、給湯システムに出来るだけ近い場所に、上手に間取りを組めば、省エネ効果もよりいっそう期待できそうです!

    JUGEMテーマ:注文住宅
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック