太陽光発電設置前に知らないとヤバイ、ソーラーパネルの種類別メリット・デメリット!

0
    一口に太陽光発電と言っても、実はそのメインのシステムであるソーラーパネルにもいろいろ種類があるって知ってました?

    太陽光発電と言うのは、ソーラーパネルに太陽光があたると発電をするんですが、そのソーラーパネルの素材にも何種類かあって、その種類ごとにメリット・デメリットがあるんです。

    以下に、主に市場に出回っている、ソーラーパネルの素材によるメリット・デメリットをまとめてみました。


    単結晶シリコン系ソーラーパネル
    一番昔から使われているタイプ。そのため開発が進んでいるせいか、変換効率(太陽光を電気に変換する効率。)が、今のところ最もよいようです。

    ただし、値段が高いのがネック。

    また、夏場など、ソーラーパネルの温度が上がると、変換効率が下がってしまう。
    多結晶シリコン系ソーラーパネル
    基本的特徴は、単結晶シリコンとほぼ同じような感じです。ただ、単結晶シリコンに比べると変換効率がやや低めになります。

    最大のメリットは、値段の安さ。

    現在主流のタイプと言えば、この多結晶シリコンソーラーパネルでしょう。
    アモルファス系ソーラーパネル
    シリコンが結晶ではなく、ガラスなどに薄い膜の形で付けているタイプのソーラーパネル

    最大の魅力は、多結晶シリコンタイプのソーラーパネル以上の値段の安さですが、その変換効率も多結晶タイプのソーラーパネル以上に低くなります。

    しかし、アモルファスシリコンタイプのソーラーパネルは、結晶型シリコンタイプのソーラーパネルの弱点である、温度の上昇による変換効率の低下が比較的少ないのが特徴です。

    ハイブリッド系ソーラーパネル
    前述の、結晶タイプのソーラーパネルと、アモルファスタイプのソーラーパネルを、一つにしたソーラーパネルです。

    代表的なのが、PanasonicのHITと言うソーラーパネルで、その変換効率は業界最高水準ではありますが、そのお値段も、業界最高水準となっているようです(笑)!
    化合物系ソーラーパネル(CIS、CIGS)
    シリコンを使わないタイプのソーラーパネルです。

    では何を使っているのかといいますと、銅(Cu)、インジウム(In)、セレン(Se)です。ですから、その頭文字をとって、CISと言うわけです。

    また、ホンダソルテックは、その他にガリウム(Ga)も使用してますので、CIGSタイプのソーラーパネルと言うわけです。

    このタイプのソーラーパネルは、変換効率では、シリコン系ソーラーパネルに今のところ及びませんが、シリコンを使わないため、値段が安く安定しています。

    昨今の太陽光発電ブームで、結晶系ソーラーパネルは、材料のシリコンが高騰して値段がなかなか下がらない傾向にありますが、CIS系ソーラーパネルは、今でこそまだその存在がいまひとつポピュラーではないので、それほどの価格差があるとも言えませんが、これから開発が進めば、変換効率もどんどんよくなり、値段もどんどん安くなってくるのではないでしょうか?

    また、化合物系ソーラーパネルの最大のメリットは、その構造上、影の影響を受けにくいと言うことです。ですから、どうしても屋根の一部に電信柱の影が出来ちゃうなんて場合には、この化合物形のソーラーパネルを検討してみるのもよいのではないでしょうか?

    それに、化合物系ソーラーパネルは温度上昇にも強く、不思議なことに、メーカー発表の定格の発電量よりも、実際の発電量の方が高くなるのです。

    これが実発電量が高いと言われている原因なんですが、とは言っても、この考え方にも落とし穴がありますので、宣伝文句を鵜呑みにはしないでくださいね!

    と、こんな具合に、一口でソーラーパネルと言っても、いろいろあって、それぞれに特徴があるのが、お分かりいただけたかと思います。

    実を言えば、もっと種類もいろいろあるし、その特徴もいろいろなんですが、それはおいおい別のページでご紹介させていただきます。

    まずは、↑に書いた程度の知識があれば、ソーラーパネルの選択には差し支えないのかな?とは思います。

    ・・・と言うか、この程度の知識くらいは、太陽光発電システムを、自宅に設置するのであれば、事前に覚えておいた方がいいかと思いますよ!

    JUGEMテーマ:太陽光発電
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック