ウリンのウッドデッキで玄関ポーチにひと工夫

0
    わたしが注文住宅を建てるときにこだわった点の一つが、ウッドデッキです。

    住宅そのものからは外れてしまうかもしれませんが、わたしはウッドデッキに憧れていました。

    しかも、よくある一階のリビングから出れる、日本の縁台のようなウッドデッキではなく、アメリカの映画によく出てくるような、そう、カールじいさんの空飛ぶ家みたいに、玄関の前、ポーチの部分をウッドデッキにしたかったんです!

    ホントは、そのウッドデッキにブランコとかベンチも付けたかったんですけど、さすがにブランコは無理でした。ジャマで(笑)!

    ベンチは今後自作でつける、というか置くつもりです。


    よく、映画に出てくるアメリカの郊外の家とかで、子供が玄関前のウッドデッキ部分でブランコしたり、ベンチで遊んだりしてるのが、なぜか頭に残ってて、それやりたかったんですよ。


    結果的には、わたしのとってもお気に入りの場所になりました!

    材は、ウリンと言う木を使いました。

    ウリンは、アイアンウッドとも呼ばれる木で、とっても堅く、塗装もいらず、メンテナンスフリーでいいんです。

    サイコーです。


    ウリンは、港の施設などにも使われるんですが、鉄がさびてぼろぼろになっても、このウリンは、ぜんぜん大丈夫だったりするんですって。

    やっぱり値段は高いですけど、後々のこと考えたら、ウリンにして正解でした。

    木の風合いとかも、わたしは好きですね。

    特にわたしの家は、海の近くなので、海帰りに玄関前で足洗ったり裸足でうろうろすることも多いんで、ささくれが出てちくちくしたりしない、ウリンで作ったウッドデッキのポーチはピッタリです!

    雰囲気も海辺のテラスって感じで、チョー気に入ってます!

    わたしは思わずこの家に、

    「マリンテラス」

    って、名前までつけちゃいました(笑)!


    日本では、なかなか見ないウリンで作ったウッドデッキの玄関ポーチ。

    かーなーり、オススメです!

    JUGEMテーマ:注文住宅
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    関連する記事
    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック