日産リーフのLEAF to HOMEは太陽光発電にヤバイ!

0
    太陽光発電システムと、非常に相性のよいものとして、最近売り出し中なのが、

    「LEAF to Home」 です。

    これは、電気自動車の日産リーフを、ただの電気で走る自動車として使うのではなく、「EVパワーステーション」というものを設置して、リーフのバッテリーの電気を、家で生活するのに使用できる様にするというシステムです。

    「LEAF to Home」の一番いいところは、普通に太陽光発電で発電した電気を蓄電するために、蓄電設備を併設するより、はるかに安価で導入できる点です。

    一般家庭で1日に使用する電力量は、大体k15Wh前後だそうです。余分を見て、20kWhの容量を持つバッテリーを買おうとすると、現在の蓄電池の価格では、400万円くらいになっちゃうそうですね。

    ところが日産リーフは、24kWhのバッテリーを搭載しているのにも関わらず、350万円前後で、その他補助金なども付くそうですから、ただの蓄電池を買うよりもお得な感じがしますよね?


    とは言っても、リーフの電力を生活に消費してしまったら、いざ車として使おうと思ったときにバッテリー切れ、なんてことにはならないんでしょうか?心配です。

    しかも、リーフの航続距離は、一般的なガソリン車に比べるとまだまだ短いようですから、街乗り用のセカンドカーとしてじゃなくちゃ、使えないかもしれませんね。


    それに、なんと言っても、日産リーフのLEAF to HOMEでの一番のデメリットは、

    売電単価が下がる!

    と言うことでしょう。

    日産リーフでLEAF to HOMEにすると、ダブル発電というくくりになって、純粋なソーラー発電ではなくなってしまうので、売電価格が下がってしまうのです。

    このことは、知ってるのか知らないのか、以前お話したホンダの営業マンも、一言も言ってませんでした。

    あなたも、LEAF to HOMEをお考えなら、そこのところも含めて、検討してくださいね!

    JUGEMテーマ:太陽光発電
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック