エコキュートの本当の意味

0
    そもそもエコキュートとはなんでしょう?

    エコキュートとは、ウィキペディアによると正式名称は、

    「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」

    と言うものだそうです。

    給湯器と言うことですから、お湯を沸かす設備です。キッチンやお風呂で使うお湯を沸かす設備なんですね。

    給湯器と言うと、ガス給湯器がイメージしやすいかと思いますが、ガス給湯器はその名の通り、ガスを燃焼させてその熱でお湯を沸かすものですよね?

    では、エコキュートはどうやってお湯を沸かしているのでしょう?

    まず、エコキュートはガスを使いません。電気を使います。

    では、電気温水器なのかと言うとそれも違います。

    電気温水器は、電熱ヒーターで水を熱してお湯にして、高温の湯をタンクに溜めておいて、必要に応じて使うと言うものです。

    対してエコキュートは、高温のお湯をタンクに溜めて、必要に応じて使うのは一緒なんですが、そのお湯の沸かし方が違います。

    エコキュートは、「自然冷媒ヒートポンプ給湯器」と言う名前にもあるように、ヒートポンプを使ってお湯を沸かすのです。

    じゃあヒートポンプってなんなのって話になりますが、ヒートポンプとは簡単に言えば、あなたの周りにある空気の熱をくみ上げてお湯を沸かすシステムです。

    直接電気を熱に変えてお湯を沸かしているのとは違うんですね。

    そのため、使用する電気エネルギーの3倍の熱エネルギーが得られるのです。

    また、その際に使用する冷媒は、名前の通りの自然冷媒の二酸化炭素を使用してますので、よく冷媒に使われるフロン等は使用していないため、オゾン層の破壊なども招く心配がないのです。

    つまり、自然環境にやさしい=エコ!!

    で、給湯(きゅうとう)と、可愛いという意味のcute(キュート)をかけてキュート。

    合わせて、

    エコキュート」!

    なわけですね(笑)!

    基本的には電気でお湯を沸かすシステムですから、太陽光発電システムとの相性も抜群です。

    注文住宅を新築する際には、検討してみる価値はあるでしょう。

    JUGEMテーマ:オール電化
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック