住宅の居室の採光に有効な開口部(窓等)とは?

0

    注文住宅で気をつけなければいけないことのひとつに、採光があります。

    窓

    タイトルにあるように、住宅の居室の採光に有効な開口部は、建築基準法第28条で決められていて、簡単に言うと住宅の居室つまり部屋には光が十分入るための窓が一定以上の面積を設けなければいけません。

    もちろんひとつの窓でその面積を稼ぐ必要はなく、何個かの窓に分けてもかまいません。

    また、一定以上の面積とは、床面積の7分の1以上なんですが、これが窓にひさしがあったり隣の家がすぐ近くに建ってたりすると難しい計算式になっちゃうんです。

    別に難しい計算式を覚える必要はありませんが、結構これで注文住宅からバルコニーが突然消失したりひさしがなくなったり、隣の家から離すために家の位置を変えなくちゃいけなくなったりしますので、採光が法律で決められてるんだということはよ〜く覚えておいた方がいいと思います!

    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!