階段の種類や床面積への算入について

0

    階段には次の様な、いろいろな種類があります。

    いろんな階段

    直(線)階段
    よくある一直線の階段。
    折り返し階段
    コの字型で折り返しに踊り場が設けられている階段。
    回り階段
    折り返し階段の踊り場の部分も階段になっている形の階段。
    螺旋階段
    らせん状にぐるっと廻る階段。

    ほかにもいろんな階段があるようですが、
    実際に注文住宅を設計する際に、一般的に使用するのは上のタイプのうちのどれかじゃないでしょうか?

    それぞれに特徴やメリットがあり、
    どれが言い悪いとは一口には言えません。

    ただ、ぼくのおうちは回り階段で、
    実際にこの階段で、よかったところ悪かったところを上げてみると、

    よかった所は、
    見栄えがいい。
    特に階段を下の階から見ると、らせん状になっていて美しい(笑)!
    階段の照明を点けると、
    光と影のコントラストというかふわっとした陰影に見入っちゃいます。

    結構気に入ってるポイントです!

    面積的にコンパクトにまとまります。

    悪かったところというと、
    荷物の上げ下ろしがとにかく大変です!

    今はそんなに気にならなくなりましたが、
    引越しのときは本当に苦労しました!

    特に我が家は二階にキッチンがありますので、
    冷蔵庫の運び入れは相当苦労しましたね。

    新築に合わせて冷蔵庫も新調したので、
    業者さんに運び入れてもらったんですが、
    見事にあっちゃこっちゃキズ付けられて、
    あげく冷蔵庫はへこんで、後日取替え。

    その詳細はまたの機会にご紹介させていただきますが、
    とにかく荷物の上げ下ろしは大変です。

    とは言っても、
    引越しが終わって落ち着けば、
    そんなに荷物の上げ下ろしをする機械もないと思いますので、
    デメリットとまでは言えないかなと思ってます。

    また注文住宅を設計する上で、
    階段の注意点があります。

    それは、
    階段は1階面積ににも2階面積にも算入されるということです!

    なんかこれ悔しいですが、
    そういう決まりなので仕方ありません。

    面積に算入されると、なぜ悔しいかといいますと、
    後々固定資産税とかの計算に関わって来るからです。

    またハウスメーカーや工務店によっては、
    坪いくらでザックリ計算しているところの場合
    単純に建築費が上がることもありますね。

    そのほか、容積率が厳しい土地で家を建てる場合などに注意が必要です。

    階段は結構家のポイント、アクセントになってきます。

    単なる上り下りの道具ではありません。

    また階段の位置で家の間取り、配置がガラッと変わってきます。

    たかが階段、
    されど階段。

    慎重に考えて設計してみてください。

    JUGEMテーマ:注文住宅
    住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
    住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

     


    憧れのマイホーム、注文住宅なら窓は大きくする小さくする?

    0

      最近の家は、窓が少ない+小さい窓がはやっているようです。

      マイホームの窓

      うちの奥様も言ってましたが、
      窓が小さく少ないほうがスタイリッシュに見えるようです。

      もちろん、
      「住宅の居室の採光に有効な開口部(窓等)とは?」
      で書いた様に、
      部屋ごとに必要な最低限の大きさは確保しなければいけませんけどね。

      確かにモデルルームに行っても、
      窓が少なめ&小さい窓のおうちが多かったです。

      しかも小さくて縦長の窓。
      かわいいですけどね。

      開き方も普通じゃなくて、
      「横滑り窓」とか「縦すべり窓」とかね。

      ただ実際に住んでみると、
      窓が大きい、小さいで、それぞれメリット・デメリットもありますので、
      ちょっとご紹介してみます。

      まず窓が小さいメリットは、
      マイホームがスタイリッシュに見える。
      エアコンの効きがよい(家の断熱がよくなる。)。
      防犯上優れている。
      カーテン代が安くつく?
      外からの目が気になりにくい。
      ……といったところでしょうか。

      では窓が大きいメリットは何かといいますと、
      家の中が明るい。
      やっぱり気持ちがいい!
      という感じで気分の問題が大きいですね。

      ではそれぞれのデメリットはといいますと、
      窓が小さい方は、
      部屋の中が暗くなりがち。
      照明の電気代が多めにかかるかも?
      風が通りにくい。

      また、窓が大きいデメリットは、
      家の断熱が悪くなる(最近はかなりいい窓も出てますけどね。)。
      冬の結露問題。
      立地によっては外からの視線が気になるかも。
      壁が少なくなるので、家具が置けない+ポスターとか貼れない。
      と言ったところでしょうか。

      ぼく個人的に一番気になるのは、
      窓が大きいと気持ちがいいので、やっぱり窓は大きいほうがいい!
      だけど、家具の置くスペースが難しくなったり、
      絵とか、コルクボードとか、子供の賞状とか、
      そういったものを貼るスペースが少なくなる。
      の二つのジレンマです。

      注文住宅を設計してる段階では、
      なかなか気づきにくい点かと思いますので、
      「こんな意見もあるんだなぁ。」
      と、参考にしていただけたら幸いです。

      JUGEMテーマ:注文住宅
      住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
      住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!

       


      ベランダとバルコニーの違いとは?

      0

        ベランダとバルコニーの違いを知っていますか!?

        バルコニーとベランダの違い

        普段あまり気にせずに使っているかもしれませんね?

        ベランダよりバルコニーって言ったほうが、
        なんだかおしゃれな感じがするからバルコニーって言ってる人もいるようです(笑)。

        案外ハウスメーカーの営業マンでも知らないで使っている人もいるようですので、
        自分の担当の営業マンが勉強家か勉強不足かチェックするのに聞いてみるのもいいかもしれません。
        「バルコニーとベランダの違いって何ですか?」
        って。

        意地悪ですかね(笑)?

        でもハウスメーカーの営業マンだったら、
        これくらいのことは当然のように知っていてほしいですよね?

        さて、前置きが長くなってしまいましたが、
        ベランダとバルコニーの違いでしたね?

        これってびっくりするくらい単純なんですが、
        実は、「屋根のあるなし。」
        の違いなんだそうです。

        建物の外に張り出した部分の、
        屋根がある方がベランダで、
        屋根がない方がバルコニーなんだそうです。

        なんだかベランダって言葉が古臭くて、
        最近はよくバルコニーって言葉のほうが聞くなぁと思っていましたが、
        これってそう考えると当たり前かもしれませんね。

        「最近の家にはひさしがないので注文住宅なら必ず付けましょう!」
        でもお話しましたが、
        最近の家には本当にひさし部分がないんです。

        昔の家だと屋根を大きく張り出して、
        その下のベランダのひさしをかねていたりしましたが、
        最近の住宅ではあまり見かけなくなりました。

        なんだかバルコニーの方が、
        おしゃれなようなかわいいような気がしますが、
        バルコニーよりベランダのほうが使い勝手は絶対いいので、
        あなたが注文住宅を建てるときは、
        絶対バルコニーじゃなくてベランダをオススメします!

        JUGEMテーマ:注文住宅
        住宅ローン審査に一発で通りたい人必見のテクニック!
        住宅ローンが通らない理由は、実はあなただけの問題じゃないんです!ぼくも4回落ちた後テクニックを知ってあっさり満額で住宅ローンの審査に通りました!